楽しい居酒屋の話【pascalinelefebvre.com】

居酒屋でおいしく食べたいのは地頭鶏です

友人知人たちと皆でお酒を飲みながら、居酒屋で食べたいなと思う美味しいお料理は郷土料理です。そのなかでも、地頭鶏です。九州の郷土料理としても一般的に知られつつある地頭鶏が食べられるのは嬉しいです。その土地に行かずにして、その土地の名産、名物を食べられるという事は、それだけでとても価値があることです。また、九州地方のお酒も珍しいお酒が多いですし、アルコール度数の高いお酒も多いですし、お料理も独特で個性的なお料理が多く、お酒の肴として合うお料理が多いと感じさせるのも特徴的なところです。地頭鶏は串焼きにしても美味しいですし、野菜巻きにしたりして美味しく食べることもできます。美味しいお酒には、美味しい地頭鶏がぴったり似合います。

地頭鶏の読み方は、じっとこと言います。日本国内では既に天然記念物に指定されており希少価値の高い鶏です。飼育されている土地は宮崎県や鹿児島県で主に飼育されており、日本在来種の鶏です。地頭鶏(じっとこ)という呼び名がついた由来には言い伝えがあり、江戸時代にまで遡ります。とても美味しい肉の鶏だということから、飼育している人たちが島津藩の地頭職に献上し、納めていました。それ故に地頭鶏と呼ばれるようになったという言い伝えが残っています。地頭鳥は品種のひとつで、ブランドとなっています。昨今では、他の地頭鶏との判別をするために、みやざき地頭鶏と命名され、宮崎県により管理されています。

比べてお得!

Copyright (C)2017楽しい居酒屋の話【pascalinelefebvre.com】.All rights reserved.