楽しい居酒屋の話【pascalinelefebvre.com】

横浜の居酒屋で地頭鶏に出会う

宮崎県の某前知事の営業力の結果でしょうか。横浜でも地頭鶏(じどっこ)の看板を見かけるようになりました。宮崎県出身の友人が言うには本当に美味しいとのこと。せっかくなので、街で見かけた看板を頼りに食べてみました。メディアなどでその炭火焼で真っ黒なビジュアルは見たことがありましたが、改めて目の前で見てみるとその黒さに本格さを感じる。なるほどこれが宮崎のじとっこか。さっそく実食…硬い。まるでゴムでも噛んでいるよう。これはないわ…。

そんな話を例の宮崎出身の友人に話すと、「宮崎のこけんにかけて美味しいじどっこをたべさせてやる」とむきになる。私は福岡県の出身ですが、確かにトンコツラーメンのすべてが美味しいわけではない。店によっては腹立たしくなるものもあるわけで、きっとじどっこもそうなのだろうと、友人を信じ紹介された店で再チャレンジ。前回行った横浜にある居酒屋とは目と鼻の先。運ばれてきたじどっこのビジュアルに変わりはない。やはり黒い。さて、その味はといえば…美味しい!触感はやはりその辺の鶏肉よりは硬いように思いました。しかしそれは嫌な硬さではなく、「歯ごたえがある」といった類の心地よい硬さ。繊維質がしっかりしていて、噛むほどにうま味が出てくる。そこに炭火ならではの香ばしさが追い打ち。確かにこれは名物と名乗るだけのうまさがある。まったく宮崎県は良い鶏を作ってくれたものだと脱帽です。一時は幻滅してごめんなさい!

Copyright (C)2017楽しい居酒屋の話【pascalinelefebvre.com】.All rights reserved.